失業者でもお金を借りる方法

失業中なのですが、なにかとお金がかかり、お金の借り入れを考えています。就職活動するにもお金がかかりますし、自分が失業していても、なにかとイベントはあるもので、出費が絶えません。それだけでなく、今後ますます蓄えがなくなっていって、生活費さえも賄えなくなったらどうしようか、と思っています。失業中の身でもお金を借りる良い方法がないでしょうか?教えていただけましたら幸いです。

失業中の身で貸金業者から借りるのは非現実的!

まず、失業中の人にお金を貸す人の心境になってみましょう。まず、考えるのはこの人はどうやってお金を返済するのだろう、ということではないでしょうか?もちろん、失業中の身でお金を借りる方法がないわけではありません。高い金利を払えば借り入れることが可能な会社もあります。また、再就職の確たる可能性があれば、貸してくれるところもあるかもしれません。しかし、現実問題として、それは現実的な方法でしょうか?

借金するということは元本だけでなく、そこに金利もかさんできます。黙っていても金利がどんどん増えていくわけです。毎月一定の収入がある人ですら、多くのひとが多重債務に陥り、自己破産に追いやられている現状を考えると、失業中の身でお金を借り入れることがどれだけ危険で、非現実的か、お分かりいただけると思います。

それで、活用すべきは公的扶助制度です。社会福祉協議会やハローワークが主体となって、借り入れることのできる制度があります。これだと、連帯保証人がいれば、金利はかかりませんし、連帯保証人がいないとしても、金利は微々たるものです。

失業者でも大丈夫?お金を借りる基本的な条件とは何か

お金に余裕があるときは気にも留めないのが「お金を借りる」ということでしょう。余裕があれば借りる必要もないですから、当たり前といえば当たり前です。実際にお金を借りることを意識するのは、自分の懐事情だけでは足りないときになってからになります。

特に、失業中の方にとっては、新しい仕事が見つかるまでが勝負どころではないでしょうか。失業保険の給付期間も限りがありますし、その間に再就職できなければ預貯金の切り崩しからお金を借りることまで幅広い金策を考えなければいけなくなります。では、失業者は簡単にお金を借りることができるものなのでしょうか。

これは専業主婦にもよく言えることなのですが、今の消費者金融会社は大手ほど「本人の安定した収入」を重要視しています。つまり、本人にパートやアルバイトの収入があれば借り入れが可能なのに対し、どんなに高給取りの旦那様がいても、専業主婦は申込みの時点でアウトになっているのが現状です。このことに照らして考えれば、失業中の方が消費者金融からの借り入れが非常に難しいものであることは想像できるでしょう。因みに、失業保険は「安定した収入」とはみなされません。

では、銀行は貸してくれるのか?というとそれも難しいでしょう。こちらは専業主婦でもOKとしているローンも多くありますが、あくまでも条件に「配偶者の安定した収入」があってのことです。やはり失業者=無職者に対して積極的に融資をしてくれる可能性はゼロに近いと考えるべきでしょう。

では、失業中にはどこからも借り入れはできないのか。ここで考えるのは生活に困窮した場合のみですが、しっかり求職活動を行なっていても就職先が見つからないなどの諸条件をクリアしていれば、社会福祉協議会の総合支援資金を借りることや、最悪のケースとして生活保護の申請も考えていいでしょう。

失業中にハローワークが提供している職業訓練を積極的に受講して、失業保険を受けながら資格を取得するという手段もありますし、訓練の受講中に失業保険の受給が終わっても、訓練終了までは失業保険が受給できる制度になっていますから、この制度も活用したいところです。

いずれにせよ、失業者がお金を借りるというのは物凄く高いハードルを越えることになります。そのハードルを越えようとする前に、いろいろな制度を利用することを考えて、一日も早く再就職を目指した方がずっと低いハードルで済むことになりますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【審査が簡単!?】アコムも良いけど他に魅力的な金融会社紹介 All Rights Reserved.